2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

シン@本・選 2008年度

石井桃子『幼ものがたり』
A・A・ミルン、石井桃子訳『クマのプーさん』
ヘレン・ディーン・フィッシュ、
シビレ・フォン・オルファース、
石井桃子訳『根っこの子どもたち目をさます』
ワンダ・ガアグ、石井桃子訳『100まんびきのねこ』

石井桃子追悼。
一昨年の百歳記念イベントがきっかけで
読むようになり、
意外と甘ったるくなく、
意外と痛快で、
意外と多様だということに気づいたのです。

ってことは、私は児童文学の世界を
甘ったるく、不快で、狭い、と思っていたわけですが、
まあ、それに当てはまるのもいるだろうけど、
石井さんに関しては、不明を恥じました。
『クマのプーさん』なんて、こんなに面白かったのか!
とびっくりしましたね。
読んだつもりで読んでいなかった・・・・
そういう本がほかにもありそうなので、
いろいろ試してみようと思っています。
[PR]
by lunaluni | 2009-01-10 00:50