2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

ホビット・陽子・選 2008年度

まず、『図書館戦争』
    『図書館内乱』
    『図書館危機』
    『図書館革命』  有川 浩 著

  政治に無関心な”今”まったくありえない話でもないなと。
  背筋がヒヤッとしてしまいそうになるのですが、体育会系の
  ヒロインや仲間達が図書や図書館を守るため、戦うのです。
  図書館司書にはなりたかったけど、体育まったくダメな私の場合、
  内勤を志願しよう。

次に、『春になったら苺を摘みに』  梨木 香歩 著

   梨木さんの「家守綺譚」を読んで以来、梨木さんのファンになりました。
   淡々とした語り口調のなかに、とても深い思いを感じます。
   よけい、イギリスに行きたくなったよ~~~

あと、『漆黒泉』  森福 都 著

   本屋さんで、平積みになっていて、帯に陰謀渦巻く宋王朝ーー
   中国歴史ロマン・ミステリー
   とかなんとか書いてあって、素通りできなかったんです。
   買ってしまいました。でも、買ってよかったです。
   ヒロイン男装で、大活躍です。ちょっと、和田あき子っぽいところも・・・

最後に、『精霊の守り人』 上橋菜穂子 著

   これは、入れようかどうしようか迷いました。
   去年、レオさんが入れてました。
   でも、やっぱりよかったんです。
[PR]
by lunaluni | 2009-01-02 22:10