2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

2006年度の一推し本

(選者の名をクリックすると、選評が読めます)


マリーナ号

「日本民衆文化の原郷―被差別部落の民俗と芸能」沖浦 和光 (文藝春秋)
「「悪所」の民俗誌―色町・芝居町のトポロジー」沖浦 和光(文藝春秋)
「アラーの神にもいわれはない―ある西アフリカ少年兵の物語」アマドゥ クルマ(人文書院)
「狼たちの伝説」五木寛之(光文社)
「さよなら絶望先生」久米田 康治(講談社)


こま

「意識通信 」森岡正博(ちくま学芸文庫)


シン@⊿S

「クライミング・フリー」リン・ヒル/グレッグ・チャイルド(光文社文庫)
「剱岳 <点の記>」新田次郎(文春文庫 )
「ウィルフレッドの山登り」ジム・バークレム(講談社 )
「日本沈没」小松左京(小学館文庫)
「コラプシウム」ウィル・マッカーシイ(ハヤカワ文庫 )
「博士の愛した数式」小川洋子(新潮文庫 )
「YS-11」前間孝則(講談社+α文庫 )
「戦艦大和の遺産」前間孝則(講談社+α文庫)
「硫黄島」R.F.ニューカム(光人社NF文庫)
「ベトナム戦記」開高健 写真/秋元啓一(朝日文庫)
「アパッチ・デビル」E. R. バローズ(創元推理文庫)
「ペリー提督 海洋人の肖像」小島敦夫(講談社現代新書 )


シン@本

「僕の小規模な失敗」福満しげゆき(青林工藝舎)
「安徳天皇漂海記」宇月原晴明(中央公論新社)
「猫と共に去りぬ」ロダーリ(光文社古典新訳文庫)
「映画一日一本」芝山幹郎


なお

「航路」コニー・ウィリス
「ドゥームズデイ・ブック」コニー・ウィリス
「笑うニューヨーク」 」シリーズ竹内玲子


マツモト

「オリガ・モリソヴナの反語法」米原万里
「私の10年日記」清水ミチコ
「博士の異常な健康」水道橋博士
「チョコレートコスモス」恩田陸
「月への梯子」樋口有介
「どっからでもかかって来い! 売文生活日記」日垣隆
「あなたには“躾”があるか? 365日で変わる本」斉藤薫


妖精

「三色ボールペンの情報活用術」斎藤隆(角川ONEテーマ21新書)
「Captain Beefheart」(河出書房新社 )
「生命潮流」ライアル・ワトソン(工作舎)


レオ

「家、家にあらず」松井今朝子(集英社)
「ブレンダと呼ばれた少年」ジョン・コラピット(扶桑社)
「もっとコロッケな日本語を」東海林さだお(文藝春秋)
[PR]
by lunaluni | 2007-12-24 23:15