2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

ジン@和津・選 2005年度

 「異国人の見た「幕末・明治」JAPAN」2003年

 別冊歴史読本の写真集である。表紙は富士山をバックに鉢巻姿の職人と侍が写っている写真で,内容もほぼ同様のタイトル通りの本。ポートレートや絵葉書風の写真も良いが,何と言っても,宿場町などの人々の生活がそのまま写っている写真が抜群である。
 その中でピカ一なのが,遣欧使節団がスフィンクスの前で写っている写真。一人二人お調子者がスフィンクスの首あたりまで登ってピースサインなんかしてるし,どこぞの高校の修学旅行と全く同じじゃん。(笑)

 「びっくりヌードおもしろポルノ」2002年

 「日本裸体写真百年史」とサブタイトルのついた明治・大正期のヌード写真の記録本。当時こんなもので本当に興奮してたのか俄かに信じられないハダカが並んでいる。美人もいればどっかの土人みたいなのもいる。年代が経つにつれてだんだんとゲ-ジュツ的になっていくのも,色気の表現が技術的に進んで行くのも面白い。これまたアイコラが面白い。(笑)

 「朝日新聞報道写真集1969/1970/1971」

 古本屋の100円コーナーで見つけたほぼ新品の報道写真集。今では「昭和」で括られてしまう数十年の内の3年間が,自分の思春期の3年間が,情報でしか知らなかった出来事の絵が見れてしまったという。中でも面白いのはやはり全共闘の戦いでしょうか。(笑)
[PR]
by lunaluni | 2007-12-24 22:09