2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

shigeyuki・選 2003年度

 「中間航路」チャールズ・ジョンソン

 図書館で何となく借りて読んだのですが、異常に面白かった。期待してなかったのも良かったのかもしれません。奴隷船の話ですが、そうした重いテーマに引きずられる事なく物語を紡いでゆく、そこが魅力です。

 「ジャック・ロンドン大予言」ジャック・ロンドン

 以前から気になっていて、ようやく読んだ1冊。本の巻末の作品「背信者」をはじめ、凄い作品が目白押しなのですが、この出版社の本はどうしてこんな酷い書名をつけたがるのか、昔から謎です。

 「方舟」しりあがり寿

 しりあがり寿さんの、強烈な破滅漫画。バラードの遥か彼方にある、一つの極致。
[PR]
by lunaluni | 2007-12-22 22:29