2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

むら医・選 2001年度

「大王」黒田硫黄(イースト・プレス)

これ、著者の初期の作品集だそうで、多少とも粗削りなところはあるんでしょうけど、まあ特に気には なりません。この人には『大日本天狗党絵詞』(講談社)という傑作があるんですが、私とすれば本書に 収載されている「蚊」のような、日常の中にふと侵入してくる異世界に魅かれるわけです。しかもですよ、この蚊が色っぽくてカッコイイんだからたまりません。  
こういう話、小説でも読みたいものですが、これがどうして有りそうで無いんですよ。

「一人の男が飛行機から飛び降りる」B・ユアグロー(新潮文庫)

数年前に単行本で出たものが文庫化されました。
ほんまゆうさんが提唱している「超短編小説」に類するものなんでしょうけど、
たとえばボルヘスなんかよりは随分とっつきやすいはずです。ストーリィを読み解くというよりも、感覚を味わうもののようですが、詩的ではあっても詩ではない。
ショートショートと詩の中間くらいの感じでしょうか。スペンサー・ホルスト(北村薫さんが大好きなん だそうです)に比べるとブラックな味のものが多いようです。

「新「親孝行」術」みうらじゅん(宝島社新書)

こちらはもう解説の必要などないんじゃないかと思います。
親コーラーを自認するみうら氏の親孝行実 践テクニック解説書。
後半に親友いとうせいこう氏が特別出演されていまして、それがまたなんとも面白 い。実用書のふりをしながら、しっかりとみうらワールドを展開しているあたり、これも「プレイ」のひ とつなんでしょか。

「樹液すする、私は虫の女」戸川純(勁文社)

えーと、じつは私、戸川さんの隠れファンでありまして、最初のLP盤『ゲルニカ』なんぞを持ってい たりするんであります。最近のお姿はすっかりそれなりの容姿になっておられますが、本書に載っている お写真はじつにもう可愛らしい少女なのでした。変わった人、というイメージが強いこの人ですが、それ はタレントとしての商品イメージであるところが大だったことが分かります。
ちゃんとそのことを分かっ ていて、それについてもきっちり書いているあたり、あたま空っぽのお人形さんではないんでしょうな。

ちなみにこの本、絶版のはずなんですが、先月、吉祥寺の地下におりていくサブカルチャーグッズを売っ てる店に数冊置いてありました。値段も定価だったから古書じゃないんだろうなあ。
[PR]
by lunaluni | 2007-12-20 23:55