2010年度版、アップしました。(2011年1月15日)


by lunaluni

ホビット・陽子選 2009年度

☆「獣の奏者」  上橋菜穂子著 講談社

   レオさんのお勧めでしたので、かぶってしまうかなと思いましたが・・・
   まあいいか・・・
   幼い頃、処刑によって母を失ったエリン。
   「王獣」という獣との関わりで成長していくエリンの物語です。
   「守り人」シリーズもよかったけど、こちらも読み応えありです。

☆「孤宿の人」  宮部みゆき著 新人物往来社

   こちらは、新聞にもよく広告が出てたし、書店でも山積みになってたし・・・
   あまり買いたくないなと・・・でも、買ってしまった。
   「ほう」という女の子が主人公。
   「ほう」の一生懸命さが、人の心を動かしていきます。
   「ほう」と「加賀さま」の会話がいいです。

☆「夜市」  恒川光太郎著 角川書店(角川ホラー文庫)

   こちらも、レオさんお勧めでした。
   でも、表題の「夜市」より、「風の古道」の方が私は好きですね。
   異世界を旅して行くのです。ホラーという感じはしません。
      本文中にこのような会話がありました。
    
     私は食事をしながら、青年にここで何をしているのかきいた。
     「俺か?旅行者だよ」

   私もいつか、こう答えたい!
[PR]
by lunaluni | 2010-01-02 02:44